ダポキセチンとキシロカインゼリーの比較

ダポキセチンは早漏を防止するための内服薬で、その効果は射精の時間を2分程度長くするもので、早漏によって数秒で射精をしてします。
男性にとっては正常なセックスをするためには不可欠な薬となっています。
ダポキセチンはSSRIの薬で脳内のセロトニンの量を一定に保つことができるので不安や緊張を感じにくくします。
また感情の起伏がなくなるので興奮することもなくなるのでセックスを冷静な気持ちですることができます。
早漏はストレスが原因なのでダポキセチンによってリラックスした気持ちになると症状が改善しますが、もともと副作用として射精障害がある薬なので、射精をかなり遅くすることができます。
キシロカインゼリーは局所麻酔用の薬なので本来ならば早漏治療には使用できませんが、亀頭に塗ることで感じにくくすることができるのでセックスの時に使用する男性もいます。
しかしキシロカインゼリーは手術などのときに使用されるもので、早漏の症状に対しては処方することができません。自分が短小であるのでは、と思いつめて泣いてしまう男性
しかしキシロカインゼリーと同様の成分が含まれているクリームタイプの薬が数多く販売されているので、これらを利用することで早漏の症状を改善することができます。
短小に関しては日本人の3割程度が悩んでいて、主にペニスが小さいことをあらわします。
短小の基準は明確にされていませんが本人が短小であると思い込むことでセックスに対して自信をなくして、それが不安や緊張の原因になるので、コンプレックスを解消することが必要になります。
女性の子宮までの長さが8センチから10センチ程度なので、勃起した時に8センチ程度あれば問題なくセックスをすることができるので、とくに心配する必要はありません。