ダポキセチンを服用するタイミングは?

早漏症の治療薬として話題となっているダポキセチンは、欧米ではすでに認可を受けており、その成分を含んだ薬が多数販売されています。
日本でも個人輸入代行サイトなどを通じて購入が可能であり、多くの方が愛用しています。
そんなダポキセチンですが、早漏抑制のためにはいつ、どのタイミングで服用するのが効果的でしょうか。
ダポキセチンは、服用後1時間程度で血中濃度が最大に達します。
その後、体外へ排出されていき、およそ5時間効果が持続するといわれています。
つまり、もっとも効果的タイミングは、セックスの1時間前であるといえます。
かつて早漏抑制の方法として、塗り薬なども一般的でした。
局部に塗り感覚を麻痺させることで、射精を遅らせるというものであり、満足感が減退するなど問題も多い方法でした。
また、効果が長く続かないため。
セックスの30分前に塗る必要があるなど、利便性も低いものでした。
セックスにおいて、女性を満足させるにはムードも重要です。行為までの自然な流れを上手く出来て互いに楽しいカップル
そしてムードを作り出すためには、行為までの自然な流れが必要となります。
「いつ始めるか」「あと何分効果が保つか」というようなことを気にしていては、女性に違和感を与えムードを失ってしまうだけでなく、男性側にとっても楽しむどころではありません。
しかしダポキセチンであれば、そのような心配はありません。
飲み薬ですから、非常に手軽に服用することが出来ます。
また、効果の持続時間は充分にありますから、余裕を持ってセックスまで相手をエスコートできるのです。
早漏の問題点は、単に性的な満足などの問題ではありません。
男性の自信を揺るがすことであり、また、パートナーとの関係にも関わります。
ダポキセチンを使用し、より良い性生活を送りましょう。