プリリジーの入手方法は?

早漏治療薬プリリジーをどのように入手するか考える男性世界で初めての内服タイプの早漏治療薬であるプリリジーには、主成分として選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の成分としても用いられているダポキセチンが含有されています。
日本では、ダポキセチンはSSRIの成分としても、早漏治療薬の成分としても認可されていないため、日本国内の薬局やドラッグストアでプリリジーを手に入れることは非常に困難です。
現在、プリリジーを手に入れる方法は大きくわけて2つあります。
1つ目の方法は、早漏の治療を行うことができる医療機関を受診することです。
早漏の治療をする場合、多くの人は泌尿器科がある医療機関に通いますが、その中には医師の責任のもとでプリリジーを処方しているところがあります。
日本の医療機関でプリリジーを手に入れる場合、1箱あたりの値段の相場は30mgタイプで9,000円程度となっており、未認可・未承認の医薬品であるため薬代は全額自己負担となります。
外国製の医薬品を服用することになるとはいえ、医師の診察を経て処方されるため、安心して服用することができるでしょう。
もし、医療機関を受診するのに抵抗があるのなら、自分で外国製医薬品の個人輸入代行サービスを通じて購入する方法もあります。
個人輸入代行サービスを行っている業者は、日本では手に入らない医薬品を多数取り扱っており、その中にプリリジーも含まれていることが多いです。
1箱あたりの価格は30mgタイプで8,800~9,500円程度となっていますが、実際に支払う費用は送料等も含まれるため、出費は10,000円を超える可能性があります。
なお、この方法でプリリジーを購入した場合は、服用後に身体に何らかの異変が生じても自己責任となってしまう点や、1回あたりの購入数が限られる点に注意が必要です。