尿道炎で早漏になった人にはリドカインが効く

尿道炎は細菌が尿道内に入り込み炎症をおこす病気ですが、尿道の炎症によって神経が敏感になってしまい早漏になる人もいます。
早めに病院に診てもらうことが大事ですが、尿道炎を治療しても早漏が治らない場合は薬で改善する方法もあります。
リドカインは表面麻酔のクリームタイプですが、医療現場で使用している薬なので安心して使用できます。
患部に直接塗りこみ患部を麻痺させる方法なので、錠剤の薬に比べて即効性が高いです。
亀頭に直接塗りこむことで感度を鈍らせられるので、早漏防止としても効果が期待できます。
無味無臭なので薬を塗ったことを彼女や奥さんに知られずにすみます。薬を塗ったことが妻にバレていない様で満面の笑みの男性
早漏になる要因はいくつかありますが、歳をとると射精する筋肉が衰えてくるので、射精を抑えることができず早漏になるケースもあります。
射精をする筋肉を鍛えたいなら、排泄をコントロールするPC筋を鍛えるといいでしょう。
簡単なトレーニング方法としては、肛門を5秒間閉めたり緩めたりすることです。
継続しておこなうことでPC筋を鍛えられ射精もコントロールできるようになります。
過去に性行為の時の失敗によってトラウマになり、また失敗したらどうしようと考えて早漏になる人もいます。
そういう人はメンタルを鍛えることが大事で、どれだけ性行為の時にリラックスできるかが重要になります。
複式呼吸で呼吸を整えるとかなりリラックスできるので、普段から複式呼吸の練習をおこなうといいでしょう。
亀頭が刺激に耐えられなくて、すぐに射精をしてしまう人は日常生活の中でペニスを鍛えるといいでしょう。
タオルなどで亀頭を強くマッサージすると、かなり亀頭が鍛えられ早漏の改善になります。
ただしすぐには効果がでないので、毎日続けることが大事です。