早漏で消極的な男性必見!早漏の訓練方法

男性にとって早漏というのは自分の自信を無くしてしまう一つの理由です。
特に女性との性行為に対して消極的になってしまう人も多いでしょう。
早漏の人のほとんどが何か対策を講じているものの、刺激に弱いということもあり、いざ女性へ挿入したとしても持続することができません。
そもそも、射精感のコントロールが未熟であることが原因ですので、日頃から訓練をする必要があります。射精感のコントロールを日ごろからしようと決意をする男性
訓練方法としては、スクイーズ法とセマンズ法というものが存在しています。
スクイーズ法というのは、一人でできる射精コントロールの訓練ですが、セマンズ法はパートナーを必要とする方法です。
どちらも射精感がきた段階で行為をやめ、また刺激を与えることを繰り返す方法であり、パートナーが必要なセマンズ法の方が効果が高いということがわかっています。
しかし、理解のあるパートナーでなければ実践することが難しいのがデメリットと言えるでしょう。
早漏の男性としては、女性にその事実を知られたくないという人が多く、厚手のコンドームを使用したり、一度射精をしてから挿入をしたりなどの対策をとっているようです。
対策の中でも口コミを中心になっているのが、陰部のかゆみ止めとして使用される軟膏を塗るというもの。
この軟膏を塗ることによって、ペニスが鈍感になるというのです。
早漏の男性にとっては、刺激に強くなる為挿入時間を持続させることが期待できます。
ただし、コンドームを着用せずに使用すると女性側の感度が落ちてしまうというデメリットも。
行為の寸前ではなく最低でも20分前には塗り終えておくことがポイントのようです。
効果には個人差がありますが、試してみる価値はあるのかもしれません。